脇の黒ずみは自己処理では限界がありました

女性ですので、ワキのムダ毛の処理は冬であろうとも毎日しています。
現在は入浴時にカミソリで処理するのと、目立つ太さのものは毛抜きと自己処理だけで対応しています。

この方法だけで楽にきれいになったのは、何といっても20代半ばにクリニックでレーザー脱毛をしたからです。ワキのムダ毛処理が始まったのは13歳頃からです。それまで10年ちょっとずっと自己処理でした。

若いこともあって、毛量も濃さもあるので苦労しました。自分で無理に毛抜きで短いムダ毛をつまむのに失敗して傷を作ったりなど繰り返したせいでしょうか。

年々、脇の下が黒ずんでいるような、ぼつぼつした汚い肌になってしまいました。ノースリーブどころか半そでだって着れません。常に脇の下が見えないようなトップスを選ぶか、カーディガンを上から羽織るかしかありませんでした。

もうこうなってくると自己処理でムダ毛をなくしたところで何の意味もありません。
そんな時、友達がレーザー脱毛始めたと言い出したので私も同じクリニックに行くことにしました。

エステの針を通す永久脱毛とは違って、レーザー脱毛はレーザーを照射することにより徐々に薄く目立たなくすることができる、産毛程度は残しておいた方がいいというパンフレットを待合室で読んでいました。

脇の下を見せたところ、ムダ毛も徐々になくなりますし、黒ずみもきれいになっていくから大丈夫ですよと優しく言ってもらえて安心しました。レーザー脱毛自体は医師が施術するので麻酔も使えますので痛みはなしでした。

まれに痛みを感じる人もいるようですが、私はまったく大丈夫で、あっという間に終わって「え、こんなものでいいの」という感じ。はっきり言って、問診とか待ってる時間よりあっという間に終わります。

1カ月半に1回ほど通うとちょうどいいとのことでそのペースで5回通うつもりでしたが、4回目で先生からきれいになってると言われたのでそこで終わりにしています。

儲け主義に走らないのがクリニックのいいところかもしれません。肌に優しい化粧品など展示はされていたものの、セールスは一切ありませんでした。

さて脇の黒ずみですが、1回目でまずぼつぼつはなくなっていました。手触りがさらさらとした脇の下に自分で感動しました。毎回観察していたわけではありませんが、黒ずみはなくなりました。

あれから10年以上経つのですが少々の黄色っぽさはあります。
真っ白白とはさすがに言えませんが、でもいかにも黒ずんでいるという感じはまったくなく自然です。
ノースリーブを着ても大丈夫です。

ムダ毛の処理は自分ではできても、黒ずみだけは自分ではどうすることもできません。
レーザー脱毛、確かに安価とは言えない金額かもしれませんが、長い目で見れば絶対にお得です。

脇が黒ずんでいて悩んでいるならおすすめのスキンケアがあります。それが脇黒ずみで紹介されているクリームやジェル。これらは、肌のターンオーバーの促進を手助けしてキレイな脇にしてく魔法のようなスキンケアです。もし脇の黒ずみで悩んでいるならお試し下さい。

脇の黒ずみは自己処理では限界がありました